自分を怒ってくれる人はいる?

ときどき見かける光景。

受講のキャンセル・変更の繰り返し、ルールを守らない、いつまでもダラダラしている…などでスタッフに注意を受けているマナビス生達。

校舎長に怒られた怖い(;_;)としょぼんとしている生徒も。

なんだかやっぱり高校生だなと微笑ましくて、ちょっと笑ってしまいましたがww

きちんとできていない生徒には、スタッフは指導します。

時には怒ることもあります。呼び出しや面談、校舎から退出させる場合もあります。

しかし、怒ってくれる人が周りにいることは、ありがたいことだと思います!

怒ってくれるということは、期待してくれているということ。

この子ならまだまだ頑張れる、と。

何を言ってもきかない、しょうがないという子には何も言わないですよね。

怒られなくなったら、終わりです。

それに怒られるってことは、自分を見てくれていていつも気にかけてくれる存在がいるということです。

それって、なんだか嬉しいですね(*^_^*)

私たちマナビススタッフはいつもみんなのことを見ていますww(☆v☆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す