推薦に向けて、してはいけないこと

ある生徒から、推薦入試(公募)に向けて科目を絞って勉強したいとう相談がありました。公募で英語は使わないとのことでそれまで英語の受講をストップしたいと。

いらないなら…ほなええか(-▽-)と思ってしまいそうですが、

これは、しない方がいいことというより、してはいけないことなんです。

もし公募で落ちてしまった場合、一般入試に間に合わない可能性があります。公募というのはそう簡単に受かるものではないうえに、年々厳しくなっています。

しかも受験の最重要科目である英語をストップすることは、自ら不合格を招くようなもの。英語はたったの3日勉強しないだけで感覚を忘れてしまうと言われています。その間ライバルたちは英語の勉強を積み重ね実力をつけてきています↑↑↑でもあなたは2か月後、またゼロからのスタートに……リスクが大きすぎますね。

今は目先の公募だけに捉われず、一般入試まで見越して全科目バランスよく勉強しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す