知識を使えること。

10月17日(土)、高3生第3回全統共通テスト模試が実施されました。最後の全統マーク模試はいかがでしたか?

ここ3日間ほどは、模試の振り返りの真っ最中だと思います。思った以上に点が取れなかった、むしろ驚くほど下がった、全然伸びない…など高い壁に苦戦中かもしれません。

高3の10月という時期なら、おそらくある程度の知識は身についていることと思います。でもそれが実際に使えるか?となれば、別なのです。知識ばかりがあってもそれが実際の問題で使えないと問題が解けないんです。

例えば単語の意味は分かっていてもその後にくるのはtoなのかforなのか分からなければ、それは使えていないとういうこと。使い方が間違っていれば0点です。

持っている知識を使えるようになるには、多くの問題に触れ、分からない事を自分で調べ、それを活かしてまた問題を解く、という経験を積むことだと思います。

模試の解説を読んだだけで分かった気になっていませんか?

さっそく、分からないことや忘れていたことを自分で調べましょう!!!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す